あなたは大丈夫?格安航空券の大きな落とし穴

夕焼けと飛行機

あなたは大丈夫?格安航空券の大きな落とし穴

あなたのその格安航空券。本当に大丈夫ですか??
意外と知られていない格安航空チケットの大きな落とし穴。
旅行サイトなどで、「激安ツアー」「料金最安値」「格安プラン」の表示を見て、予約や航空チケットを購入される方は多いと思います。
しかし本当にその表示されている金額だけで、旅行に行けるのでしょうか??前もってきちんと計画を立て、楽しみにしていたあなたの旅行です。
これを台無しにしない為に、知っておいていただきたい事があります。

格安航空券の落とし穴って??

それはズバリ“荷物です”
「荷物がなんで落とし穴なの?」と思ったあなたはラッキーです。
今までJAL航空券、ANA航空券、SFJ航空券などで飛行機を利用の方には、「何故?」と思って当然です。
一般的な航空券ですと、空港に行き、搭乗手続きの所で荷物を渡すだけで終わりますよね?
しかしLCC(格安航空券)のピーチ、ジェットスター、バニラエアなどの場合は荷物を乗せる際に別途料金が発生します。
つまりいくら旅行サイトで航空券を割引で買っても、空港に着いてからまたお金が発生する。という事も起こるんです。これを知らずに空港に行ったら、ちょっとガッカリしますよね?
せっかく安くチケットを購入しても、空港に着いていきなり「お荷物にプラス3,000円料金がかかります」なんて言われたらどうですか?往復で6,000円も当初の予定よりプラスされてしまうんです。6,000円もあったらかなり贅沢な食事ができますよね?
想定外にお金がかかっては、あなたの旅行プランも台無しです。
これでは行く前からなんとなく疲れてしまいます。

荷物はいくつまで持ち込めて、いくらかかるの??

茶色いバッグ
ピーチ航空の標準的な運賃には、受託手荷物の料金は含まれていません。
ここで気をつけないと追加料金が発生してしまうんです。
機内へ持ち込めるの荷物は2つまで、合計重量が10kg。
これは手荷物やバックパック2つの合計が10kgまでと言う事です。
それで収まれば無料になり、それ以上料金が発生することはありません。
機内に持ち込める荷物のサイズですが、高さ+幅+奥行き=合計が115cm以内で各辺が55×40×25(cm)以内に限られますので、こちらも注意。
手荷物カウンターで預ける場合、1個あたりの重量が20kgで3辺が203cmまで。
つまり高さ+幅+奥行き=合計203cmまでなら問題はないと言うことです。
ちなみに支払方法はクレジットカードのみになりますので、ここも要注意して下さい。
肝心な料金ですが、これは路線、行先によって変わってきます。
参考までに、一般的なゴルフバックやスキーの大きさで、1つにつき1,440円〜3,650円程度になります。
この金額の違いは、国内での路線によって違うと言う事です。
あくまでも、これくらいかかるんだと言う目安としてお考えください。

結局追加料金は発生するの??

一泊〜二泊分の荷物なら問題はないと思います。
先ほどの機内に持ち込める分と言うのは、バックパックと、あまり大きくないキャリーバックくらいのサイズになります。
ですので人によっては、三泊分までの荷物は無料で乗せる事ができるかもしれません。
せっかく安く手に入れたチケットですので、空の旅も快適に過ごしていただければと思います。
浮いた分でたくさんの心に残る思い出を作ってください。

  ← 前の記事: